視力が良くなる方法 視力回復トレーニングとは!

視力が良くなる方法 視力回復トレーニングとは!

子供の視力が良くなる方法

子供の視力が良くなる方法について解説します。

 

 

近年、子供の視力の低下による問題が非常に深刻になっています。

 

 

近視も病気と同様に早めの対策が非常に大事です。

 

 

近視を予防するためには、間違った習慣を見なおさなければいけません。

 

 

重度の近視の方の多くは、成長期に近視になっています。

 

 

元々1.5あった視力でも、1〜2年であっという間に0.1になることもあります。

 

 

近視の始まった年齢が低いほど、後々、強度な近視になる確率が高いので、早い時期かあら気をつける必要があります。

 

 

 

強度近視の場合、メガネ、コンタクトがないと生活が出来ないほどになりますので、できるかぎり避けたいものです。

 

 

子供が、下記のような見方やしぐさをしていたら注意しましょう。

 

 

・テレビやゲームを見る位置が近すぎる

 

・テレビを見るとき、どんどんテレビの近くに寄っていく。

 

・テレビやゲームをしているとき、目が赤くなって腫れぼったくなる

 

・机で勉強するとき、猫背で顔が近い

 

・目がしょぼしょぼして、まばたきが非常に多い。

 

・眉間にシワを寄せて見たり、目を細めて見る

 

 

 

このようなしぐさをする場合は、早めに注意して、改善させるようにしましょう。

 

 

 

 

視力回復トレーニング

 

視力回復のためには、視力回復トレーニングを行う必要があります。

 

 

視力トレーニングの基本は、下記2つです。

 

 

・水晶体を調節している毛様体筋を鍛える

 

・眼球を動かしている外眼筋を鍛える

 

 

 

この視力トレーニングを1日数回やるとよいでしょう。

 

 

近視の原因の1つに、近くを見すぎて毛様体筋が緊張しっぱなしにより、目が疲れてしまい、厚くなった水晶体が元のように薄くならないで、水晶体の調節力が弱まり遠くが見えなくなるのです。

 

 

ですので、視力回復トレーニングにより、毛様体筋をストレッチして、調節力を改善させるのです。

 

 

子供の視力回復トレーニングとして、有名なのが、アイトレーニングです。

 

 

 

アイトレーニングは、自宅で簡単にトレーニングができる視力回復トレーニングキットです。

 

 

アイトレーニングを実践して、これまで多くの方が、視力回復に成功していますので、子供の視力に悩まれている方は、1度検討してみはいかがでしょうか。