高校受験勉強のやり方

高校受験勉強のやり方

初めての受験

地域によって違いはありますが、子供が受験勉強を始める時期は中学校に入ってから、それも中学3年生になってからです。

 

 

小学校や中学校は地元の学校に行くことが普通であり、あえて私立の学校に行かせることは多くないからです。

 

 

そのため、ほとんどの子供は高校受験が最初の受験勉強になります。

 

 

受験勉強は、ライバルより少しでも高い点数を取って入学試験に合格することが目標です。

 

 

そのため、高校受験勉強のやり方は学校で普通の授業を受けている勉強とは話が違います。

 

 

両者の差で顕著なことは受験対策の有無です。学校で行う定期試験は授業でやったことから出題されます。

 

 

試験対策と言っても授業のノートを見直せば済むはずです。

 

 

しかし、受験勉強は違います。

 

 

出題範囲は学校で習っている範囲内から
出題されるといっても学校ごとに出題方法はくせがあります。

 

 

 

また、受験対策をしている予備校が多くあるため、入学試験の出題者は「くせ球」を投げる傾向があります。

 

 

結果として入学試験は難しくなり、予備校の必要性が高まります。

 

 

 

 

予備校は必要か

 

難関高校受験に挑戦する場合、予備校に通う必要があります。

 

 

予備校では受験対策を何年もやっているため、次の一手が打ちやすいですし、それに合わせた指導をすることができるためです。

 

 

しかし、公立高校を受験する場合は、入学試験より内申書のほうが重視されることが多いです。

 

 

そのため、下手に予備校に通うより学校の勉強を一生懸命やって定期試験の成績を上げることが大切になります。

 

 

一般的に高校受験勉強のやり方というと、受験校の試験対策と思われがちですが、実際にはこのような違いがあります。

 

 

必ずしも受験対策が重視されるわけではないのです。もちろん、公立高校にも入学試験はありますから、試験対策は必要です。

 

 

高校受験勉強法のやり方の詳細は、3ステップラーニングをご参照下さい。

 

 

3ステップラーニングを実践して、目標の高校に合格した受験生は非常に多いです。

 

 

一度参考にしてみると良いでしょう。